FC2ブログ
安心動画サイト比較

安全なエロ動画サイト比較.COM はこちら。無料動画サイトは危険だらけ。ハイクオリティで安全なエロ動画サイトをご案内しています。 http://anzenadult.uh-oh.jp/index.html

プロフィール

panchu3

  • Author:panchu3
  • 主な経歴 オナニー暦34年 女児ぱんつ収集暦25年 彼女いない暦17年 
    主な性癖 人畜無害なロリコン 下着フェチ(女児モノほぼ9割 アンスコ、ブルマー 生理用ショーツなど大人物ほぼ1割 スケスケレオタード

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

フリーエリア

40からのオナニー全記録
45にして独身、人生すべてがオナニーの男が日々の恥ずかしい生活を晒します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まあ予想していたとは言え
可決のニュースは気分が悪い。マスコミは意図的かどうかは別として、とにかくはしょるので、ポルノマンガを子供に読ませない為の条例が可決された・・と伝え、石原が「当たり前だ!こんなの大人の常識だ!」と吠えている場面で終わる。

色々な事実があらかた吹っ飛ばされている。

こういう報道を見ると、2chあたりで「オタざまあww」と何やらモヤモヤとした物を発散している匿名のどっかの人のほうが遥かに微笑ましく感じる。

結局最終的には政治力学で決まる。権力の重いほうに軍配が上がる。彼らに対抗しようとするにはどうしたらいいか・・単純な話だ。1グラムでも重い権力を持つ以外にない。
議員を動かしているのは大きな票なのだから、こちらの勢力が票を動かす力を持っていなければ話にならない。
表現を勝ち取る為に永遠に戦い続ける事に意義を見出すのならそれはそれでアリだが、もし表現を規制したい人達を本気で黙らせたいと思うなら、規制したくないサイドにつく議員を上回らせる以外に一切方法はない。
まあ当たり前の話だ。

今回都条例に反対したのは日弁連・東京弁護士会・日本ペンクラブ・雑誌協会・日本人権協会などなど・・・著名漫画家が反対しても、在京大手出版10社が反対しても、結局は覆らなかった。

ではそんな声が届かないほどに世論という名の逆風が盛り上がっていたかといえば、このニュースを最近知った人がいるほどで、反応はほとんどない。都のナントカさんはサイレント・マジョリティの為に法案を通したと言うが、意見があっても言えないから静かなのではなく、何も知らないから言わないだけだった。

世論の後押しも全くないのに、在京のほとんどの表現に関わる団体が猛反発しているこの条例が可決された理由が何かといえば、民主党の翻意。それだけ。
何故考えを変えたか。条例案がまともになったのか→変えていないと作ってる側が言っている。条例案が変わったからという一部民主都議の言葉は詭弁以外の何者でもない。
条例案そのものはより曖昧さを増していた。前より酷いかもしれない条例案に賛成する合理性はない。

この半年で国政レベルでのゴタゴタによる参院惨敗、民主支持の落ち込みと、6月廃案後の汚い方法でのPTAへのアピール→民主党員への品のない人格攻撃→統一地方選への影響を懸念し始める・・・の成功を見て、これならいけると都は廃案のお返しとばかり、問題になった文言を削りつつ規制は広げるという狡猾な方法で条例案を再提出してきた。ついでに法案を出すのをギリギリまで遅らせ、著名人や表現関係者に反対の火がつく前に、そしてそれが民主都議条例賛成の意志を揺らがせる前に決めてしまう戦術できた。これが奏功してしまった。

まあ結局直接の原因は民主党の自爆なのだが、多少の爆発が上部で起きようと、汚い方法で人格攻撃されようと、もし支持する側が磐石のサポートをし、「あんたらの票は安全だ」という保証さえあれば、賛成に回る事などなかっただろう。それこそ青少年には聞かせたくない話だが、議員にとって飯の食い上げになるくらいなら、ムキになって守る正義などない。
いい例が、名古屋市議会で繰り広げられている、ほとんどを餓鬼地獄に堕ちた亡者を見るがごとき醜態だ。自分の既得権である高給を守る為に自民から共産までがタッグを組んで保身に走って市長を攻撃する。銭の前にはイデオロギーなど吹っ飛ぶ。市民の声を卑怯な方法で圧殺しようとまでする。あれが現実なのだ。

今回は民主が偶然与党であったためにこれだけ拗れたが、通常ならスルッと決まっている条例だ。それこそ50年に一度の大騒ぎと言っても過言ではない。逆に言えばこれだけ大騒動になったのはかえって良かったという考えもできる。可決されてからワイドショーでぽろぽろと取り上げられ始めているようだが(おせええっつうううの)
これだけ注目されれば、しばらくは運用を慎重にせざるを得ない。まあ問題はのど元が過ぎた頃だ。
恐らくよほどの奇跡でも起きないかぎり、次の都議選後民主が議席を減らさずに済むという事はないだろう。
その頃には騒動も治まり、どうも大丈夫そうだぞ・・という安心感が覆い始める。その頃からじわじわと始まるのではないか。条例は付帯がついたが、護符の役割すらないそんな紙っぺらはひっぺがして、恣意的運用が始まるだろう。

まあ個人的にはマンガアニメの規制はタバコ規制と同じくらい関係ない話ではあるが、全く場外に置かれた形になったジュニアアイドル絡みの部分も当然この改正案には入っている。むしろこちらのほうが深刻な気がする。
はっきりと13歳未満の水着および下着とそれに類するものと言っている。はっきり言っているが、実は類するものという表現でどこまでも恣意的に広げられるようになっている。さらに、「扇情的であるもの」にも当然具体性などなく、まあ実質的に13歳未満に関して言えば、何をやっても「お前ちょっと来い」と言われる可能性があるという事だ。

今の段階では業界がどういうふうに動くのか全く判らない。できる事は、買いそびれていた写真集とDVDをなるべく早く手に入れておくくらいだろうか。製作販売がされなくなり、都に会社があるネット通販会社が取り扱いをやめ、オークションがNG商品にし、大阪並の条例が全国に出来始めれば、もう手に入れる方法がなくなってしまう。

後はお宝に埋もれてひたすら静かに、気配を殺して生きていく。 そういう未来が待っているかもしれない。








スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。