FC2ブログ
安心動画サイト比較

安全なエロ動画サイト比較.COM はこちら。無料動画サイトは危険だらけ。ハイクオリティで安全なエロ動画サイトをご案内しています。 http://anzenadult.uh-oh.jp/index.html

プロフィール

panchu3

  • Author:panchu3
  • 主な経歴 オナニー暦34年 女児ぱんつ収集暦25年 彼女いない暦17年 
    主な性癖 人畜無害なロリコン 下着フェチ(女児モノほぼ9割 アンスコ、ブルマー 生理用ショーツなど大人物ほぼ1割 スケスケレオタード

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

フリーエリア

40からのオナニー全記録
45にして独身、人生すべてがオナニーの男が日々の恥ずかしい生活を晒します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 第一回セルフ羞恥プレイ
梅雨明けから異常な高温が続き、ニュース映像でプールが出てくるたびにプレイしたい気分が高まって来た。しかしこの異常高温状態はきつい。去年はいつまでたっても夏っぽくならないままだったのに、今年はいきなり全開だ。

07年だったと思うが、全国ニュースにもなるような異常高温エリア近接のプールに行ったのだが、ほとんど空気が煮立っていて呼吸すらキツイ状態・・プールの水も生ぬるく、とてもじゃないが羞恥プレイを楽しめるという感じではなかった。その日のその地域の気温が37度。せいぜい33?4度までにして欲しい。といっても、おてんと様の話なんでどうにもなりません。

18日の日曜日に今期最後のプレイで使う予定の新しく作成した水着を着用してプレイ前最後のオナニー。これで現実に「ヘンタイオナニーぱんつ」というプロフィールになる。(このネーミングに関しては後述。もちろんプールで使用する前に洗いますよ)一週間のオナ禁に突入。やはり5年間の衰えというのはあるようで、以前よりムラムラの戻りが遅い。仙人の如き無欲状態から、色々見たり想像したりして、徐々に復活させていく。

問題は天気だ。こんな焦熱地獄のごとき天気なのに、週頭の段階では、今週の日曜日の予報は曇り/雨・・なんでこうなるの!とりあえず今期初プレイはその次の週の週中平日の晴れでいくかな・・と思っていたのだが、一度後ろにずらしていくと天気の具合でまたお盆連チャンという大変な思いをするので、今の好天が続いている今週中に今期一回目をすることにした。この段階では雲行きがあやしくなる土日を避け、金曜日にしようと思っていたのだが、やはりというか、火曜日には予報がいいほうに変わりつつあり、土曜も今のすさまじい夏空が続く感じに修正されていた。
まあ天気予報なんて本当にあてにならない。昨日と今日では明日の予想が違っているなんてのは普通にあることだ。金曜日の段階でまた現地の予報が微調整されている。ちょうどプレイ中の時間帯が曇りに変わっている・・
一週間どピーカンの地獄が続いたあげく、大事なプレイ時間帯の数時間だけ曇りかい。オイラを見ちゃった人の気分を表しているのかしら。しかし、土曜早朝から雨のため、湿気はすさまじく蒸し暑さは相当なものだろう。まだ高気圧に覆われているし、気温は上がる。金曜日よりは土曜日のほうが人出は間違いなく多い。もうこれは賭けてみるしかないだろう。
というわけで土曜日 本日決行いたしました!

曇るなんてどこから出てくる発想なのか・・朝から雲ひとつなく、異常高温で駐車場に行くのもしんどい。
心配する必要はまるでなかった。現地とは50キロと離れていない。ほとんど変わらないだろう。ああいうのは紛らわしいのでやめてほしい。これはあのプールの水が生ぬるかった回と同じようになりそうな予感・・2年ぶりのプレイということで緊張による胃痛が多少気になるが、このためにわざわざ高い薬を買うのもあほらしい。

初回プレイは何度か使用しているピンク地に女の子プリントのモノだ。前回は、09年に一度使っているが、ちょっとフエルトの玉を付け足してよりファンシーに、というか、見てる方からすればよりキモくしてみた。
いつもわりと反応のいいイチゴちゃんとどっちにしようか迷ったのだが、今回は我が羞恥プレイほんとにほんとの最終年という事で、「キャラモノ大特集」にすることにした。白系は多少トラブったりしたし、異常者な雰囲気がマックスになるようで、客のドン引き度が違うのでまだ多少抵抗感があり躊躇するが、色つきキャラモノなら、もう全く緊張しなくなっている(人として終わっとる)

11時少し前に着くように9時半前に出発。途中からはナビ太郎にお願いしてこちらはただハンドルとアクセルだけで。夏の田舎道をひた走る。絵に描いたような夏真っ盛りの田舎道はよかったのだが、80過ぎのおばあさんが手押し車でトボトボ歩いてたり、70代とおぼしきおじいさんがウォーキング(!)していたり。見てるこっちが死にそうな映像なのでやめてほしい。
このナビがクセモノで、新しくできた道がわからないとしばらく死んだフリしたり、どう考えても遠回りの道教えたり結構いい加減なんだが、今回もこいつを頼って4回目だってのに、いつも案内する正面でなく、施設の裏っかわのものすごい狭い道に案内しやがって、「目的地周辺です。案内終了します」とぬかしやがった。そこから正面入口までグルグル回る羽目に・・ナビも猛暑でやる気なくしてる

到着時のトラブルを含めほぼ予定どおり現地に到着。セルフ羞恥プレイ記念すべき第一回会場である、某県の自然公園内レジャープール。駐車場から入口までが長い。地獄の窯の中のような状況をとぼとぼ歩く。なるべく体力を使いたくない。やっとの思いで入り口に到着。夏休み最初の土曜日ということで、それなりに人は入っているようだ。一昨年も同じ時期の土曜日に来たのだが、涼しさが災いしてか、あまり人がいなかった。今回はいい感じだ。
自動券売機で券を買い、いざ入場。

2年ぶりの更衣室だ。それほど時間が経過した感じがしないのだが。お着替えプレイはもうあまり期待せず、さっさと脱いで(一応毎度定番うさぎのぱんつは履いていった)「ヘンタイオナニーぱんつ」を着用する。なんだそのネーミングは。そう、これは厳密に言うと、私がオナニー時に着用し、そのまま発射するために作ったぱんつであり、水着としての使用はあくまで「兼務」なのである。だから私の中では「ヘンタイオナニーぱんつ」を着用している姿、ようするにオナニーしてる時の格好を晒しているという事なのだ。
そう考えれば興奮するでしょう?俺だけか

トイレに行きたくて探したのだが、逆方向にあったシャワー室に入ってしまった。そこに大きな鏡があって、自分の全身が・・う?ん・・我ながらイカれてるね。結局トイレが見つからず、流れるプール何周かしたあとでいいやと思ってしまったのが、あとでちょっと響く。そのまま羞恥プレイ突入。いつものように出て左方向の流れるプールに向かう。

わっつつつ!!!
熱い。地面が異常に熱い。焼けた鉄板のようだ。この施設でこんな思いをした事がないので、今年の暑さがいかに異常かがわかる。
いきなりピンクの妙な水着を履いたおっさんにももあげ小走りで近づいて来られた日にゃ、一般人の驚きもいかばかりか。みんなあっけにとられているのがわかる。しかしこっちはもうそんなものに気を止めている余裕がない。焼ける!足が焼ける!!なんとか水のある所までたどり着き、ホッとする。これにはホントにまいった。
 
流れるプールに入れば後はグルグル回るだけ。オシッコを我慢しすぎると、私の場合胃が痛くなる事があるのだが、その事をすっかり忘れていた。緊張してはいないのでそっちからくる胃痛ではない。2?3周回ったところでチクチク痛くなる。このプールは水深が浅く、膝を相当曲げた状態でないと全身が水につからない。だからずっとそんな格好で歩く事になる。これがかなり太ももに来る。普段運動らしい運動をしていないので、5周もしたら、もう膝が笑いそうになっている。トイレも我慢できないレベルに達したので、そこでトイレ経由で波プールに向かうことにした。しかしまた焼けた鉄板の上を歩くのはシンドイ。

波のプールまでの間には幼児向けの浅いジャブ池っぽい場所がある。いつもそこは何となく横断しずらかったので避けていたのだが、波プールまでの間に水のある場所がそこしかなく、やむなく突っ切った。若い夫婦と幼児の間を妙なオッサンが横切る。瞬間、会話が止まる。

トイレに寄り、そこから波のプールまでは水がなく、焼けつく鉄板の上を暴走する。やはりこの絵は滑稽すぎる。次は何か履物を用意するしかないか・・でも流れるプールの時どこに置いておけばいいのかな・・持って入るわけにもいかないし。

波のプールでは、とりあえず波のある所までは晒しまくりになるが、とりたてて反応なし。3つくらいの男の子が不思議そうにしばらく私の股間を眺めていた。あんなに熱い思いをしたのでさぞやひどいことになっているだろうと思って足のうらを見たが、特に問題なし。これ考えると本物のヤケドの痛みってのは凄まじいんだろな

流れるプール→波→流れるプール →波→流れるプール で反応らしい反応は女の子集団が遠くでちょっとばかし盛り上がっていた一回のみ(何?ロリコン?」と女の子が言ったように聞こえたが、そういう事を言って欲しいと思うあまりの私の幻聴かもしれない)。あとは、後ろから来て潜水し、後方と前方を確認し、浮き上がって顔を一瞥して去っていく少年少女 というパターンのみ。

以前もこの施設で感じたのが、反応してくれる人の反応の穏やかさ。基本大人はどこでも無視で、反応ゾーンは未就学児?20代前半くらいまでだろうと思われるが、他地域に比べて、この辺りの人は反応自体が弱い。流れるプールでも、子供は静かに近寄ってきて前と後ろを潜水で確認し、何事もなかったかのように去っていく。今回比較的良い反応だった女の子達の一団ですら、後ろのかなり遠いところで私を発見しておもしろがっているのだが、某施設にいたような近くまで来て騒ぐ子は皆無だ。厨房以上でも他の地域に比べると穏やかな印象がある。県民性とか地域性にどれほど科学的な根拠があるのかわからないが、同県内にあるもう一つの施設も同じように穏やかな反応で、何となく地域による反応の差というものを感じるのだ。

11時入場、1時終了。 お着替え中、まだ脱ぐ前の状態でいたら、たまたま通りかかった厨房くらいの男子が「あの水着、ありえなくね?」と一言コントのようにつぶやいて去っていった。今日最もはっきりわかる反応。
うさぎぱんつを履き、前回同様、その格好でトイレに行き、鏡でお尻のうさぎを確認して戻る(なんのこっちゃ)
そのタイミングで20代前半とおぼしき若者2人が着がえに戻った所と鉢合わせ。いきなりうさぎぱんつのオヤジと着がえを一緒にしなきゃならんはめになり相当動揺している様子。2人の会話が成り立っていない。しまいにはケータイ落とす、小銭落とす・・・
申し訳ない気分になりましたが、これは偶然ですのでどうにもなりません。

帰りに冷やし中華を食い(某大型スーパーの専門店が集積してる大食堂みたいなトコで。800円もした。ちょっと躊躇したが、もう動きたくもなかったし冷やし中華が食いたくて死にそうだったので諦めて食った。その他の店も結構高めの金額設定だ。しかし結構盛況だ。本当に日本は不景気なのか?)1時間半で帰還。一息ついたあと今日晒した「ヘンタイオナニーぱんつ」を再度着用して、色々今日の状況を脳内再現しながら、ブツブツエロい事いいながら、発射??! 
きもちええええ!! ・・・ぐったり。 われながら阿呆ですなあ。


まあ今回は今期1回目だし、ひさしぶりだし、晒しに行った事に意義があるので、それなりに満足だ。この高気圧クンの元気さから考えると今年は問題なく予定を消化できそうだ。去年のリベンジ&集大成の今期、熱中症だけ気をつけてがんばります。

100724-1.jpg  100724-2.jpg 
イラストにヒビが入り始めていましたが、かろうじて女の子は大丈夫だったのでこれでいきました



スポンサーサイト
[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。