FC2ブログ
安心動画サイト比較

安全なエロ動画サイト比較.COM はこちら。無料動画サイトは危険だらけ。ハイクオリティで安全なエロ動画サイトをご案内しています。 http://anzenadult.uh-oh.jp/index.html

プロフィール

panchu3

  • Author:panchu3
  • 主な経歴 オナニー暦34年 女児ぱんつ収集暦25年 彼女いない暦17年 
    主な性癖 人畜無害なロリコン 下着フェチ(女児モノほぼ9割 アンスコ、ブルマー 生理用ショーツなど大人物ほぼ1割 スケスケレオタード

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

フリーエリア

40からのオナニー全記録
45にして独身、人生すべてがオナニーの男が日々の恥ずかしい生活を晒します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりの始まり
さきほど夕飯を親族と食っていたら、アナウンサーアベ渡るとともにデカデカと「自動ぽるの」の文字が出て思わずご飯つぶがのどと口の間に一個入ってフガフガッとなってしまった。身内とご飯食べてるときには頼むからやめてくれ。なんて冗談言ってる場合じゃない空気。「おっかのうーえー」が非常にウェットな調子で被害自動の手記を読み上げ、ユニセフのおじさんがいろいろ語り、アベわ樽が淡々と用意された原稿を読む。

関心のある人間ならいかにこの報道が偏ってしまっているか(意図的であるにしろ、ないにしろ)すぐに分かり、おいおい・・・と語りだしたくなるのをグッと押さえ、「いやー急にあったかくなったね。もう寒いのはカンベンだよ・・」などとわざとらしく関心のなさを装い、早くニュース終われと祈った。

まあ予想されていたが、規制していないのは日本とロシアのみであり、被害者は今も苦しんでいて・・・と(意図的であるにしろないにしろ)世論誘導は簡単に成功である。各国の規制の範囲についての細かい分析、どういうものが自動ポルノの概念にマッチするのか、一切犯罪に関係ない創作物まで規制の範囲に入れる事への疑問などは当然うっちゃられ、短い時間に、悪に立ち向かう「おっかのうーえー」とユニセフと、日本国内で子供をリアルに「レイプ系のポルノ出演者」にした軍人のいるアメリカの大使と、わが国の(ある会だの友達の友達)法務大臣様ががっちりと握手をするシーンだけが、淡々と流された。
ここで、彼らを罵倒することは簡単だ。しかしやるべきことは、いかにこの法律が穴だらけであるかを改悪を進めようと躍起になっている人たちに分からせることなのだ。これだけいい加減な法律は攻め口などいくらでもあると思うんだけどなあ。よく議員先生がやっちまう「ひとりよがりの演説」になってはだめだ。こういう時ディベート慣れしている人間がいればいいんだが・・・
 少々複雑なのは、かの有名なマンガアニメ規制反対派のおた弁護士先生が、今の未成年のイメージビデオ規制には賛成っぽいところだ。しかし、またこの未成年ビデオも私が見てもこりゃポルノだよってものから、パパがムスメのはしゃいでる姿を撮影したホームビデオみたいなものまであって、線引きなんて事実上不可能なわけで、その弁護士先生もそのへんをどう考えてるんだかわからんし・・・

とりあえず確かなことは、もし法律が改悪されれば、このブログも終了せざるを得ないということだ。まあここは銭になってるわけでもないしわざわざ窓開けてヘンタイオナニーを見せていただけなので、閉じるのにいささかの未練もないが、今年予定の羞恥プレイのご報告ができないことだけが、唯一の心残りだ。

 一部の実践派や、虐待することで快感を得るタイプの輩以外のロリコンは、リアルな少女が幸せになって欲しいと思っている。かわいい姿を見て幸せにさせてもらっているのだから当たり前だ。
 当然リアルレイプなんてやったやつは麻酔なしで腹裂きの刑でもいいとさえ思っている。実の親に虐待の末殺される子供のニュースなどは怒りがフツフツとわいてくる(刑が軽すぎるのにも納得いかん)
 こんな事を言うと、「子供の性を商品化する事に疑問を持たないやつが子供の幸せを考えているわけない。そういうやつらから守るために規制強化は当然だ」と罵られるだろう。
しかし、ではそれを言うなら、未成年が(男女の区別なく)人前で明らかに異性を意識した衣装で歌い踊り、まさに性を商品化している芸能界も包含した規制にしてくださいよ。私たちが小さな幸せをいただいているU?15のイメージビデオなんかよりはるかに多きなお金が動いていて、商品化のレベルで言えば比べ物にならないわけですからね」と返答しておく。彼らを支え、愛し、お金を落としていくヲタ兄さん姉さん達が全員加害者だと、それを誘導する芸能界はまさに「子供ポルノを量産する犯罪組織である」と断罪しなければ、彼らの正義はまったく中身のないものだと認めているようなものだ。一部の人間の権利を自らの根拠なき正義に反するとして蹂躙する・・・まさにテロリストである。

次の更新がブログ閉鎖のお知らせにならないことを願うばかりです。
スポンサーサイト
[PR]


テーマ:日記 - ジャンル:アダルト


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。