FC2ブログ
安心動画サイト比較

安全なエロ動画サイト比較.COM はこちら。無料動画サイトは危険だらけ。ハイクオリティで安全なエロ動画サイトをご案内しています。 http://anzenadult.uh-oh.jp/index.html

プロフィール

panchu3

  • Author:panchu3
  • 主な経歴 オナニー暦34年 女児ぱんつ収集暦25年 彼女いない暦17年 
    主な性癖 人畜無害なロリコン 下着フェチ(女児モノほぼ9割 アンスコ、ブルマー 生理用ショーツなど大人物ほぼ1割 スケスケレオタード

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

フリーエリア

40からのオナニー全記録
45にして独身、人生すべてがオナニーの男が日々の恥ずかしい生活を晒します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルフ羞恥プレイ ? part2
スケスケ階段を下りていく。まあ例によってどう見られているかをはっきりと確認はできないのだが、基本は無視のスタンスであることは確か。やはりここは前々回同様、少年たちの反応を期待したいところだ。
流れるプールに入り、しばらくはグルグル周りながら、デカ乳首や水着にわざと見せるように動いて、少年たちの反応しているか確かめる。、
しかし・・思ったほどの反応がない。というか、前回は明らかに私の周りにまとわりついてきたのが判ったのだが、今回は遊んではしゃいでいるのか、おもしろがられているのかいまひとつ判別できなかった。何度か周りにそれらしい少年たちの塊が近寄ってきたのだが(後にこれが自分への反応だったとわかるのだが)

ところで、胃痛。薬が効いてない。またしてもプールに入った途端に、キリキリと差し込み始める。
これは単に緊張のせいではないような気がしてきた。明らかに前回より緊張していないにもかかわらず、入水した途端にキリキリし始めるのだ。結構強力な鎮痛鎮痙剤がまるで効かないというのは困ったもんだ・・・前回よりはガマンできたので、多少は効いているのかもしれないが・・・


さて、中州のような場所によくリゾートにあるような白い寝椅子が設置されていたので、思い切ってそこに寝転んでみた。人が行き来するので
反応してくれればわかる。しかもなかなかプール内では自分の恥ずかしい格好が確認しにくいが、寝そべって下半身を見られるので
自分のヘンタイぶりを再認識できる。白くてツルツルの下半身に女児パンツ風のピンクの水着。真ん中には赤いリボン。
ある意味公衆の面前で、いつもの自分のオナニー姿を晒しているわけだ。通りすがる人がチラッと視線を送るのがわかる。

しばらく寝転んでいると、さっきの少年たちがゾロゾロ上がってきて、すぐ横の寝椅子に集まった。私を観察している。
なんかブツブツいいながら、5?6人で見ている。こいつは何だ?いったい何をしに来てるんだ?興味津々だ。
やっぱり男の子は反応が正直でいいなあ。同じくらいの歳でも女の子はほとんど無反応。一人だけ反応した子がいたが、歩きながら、水着をチラッと見ただけ。まあ女の子だけで来たような集団にまだ出会ってないせいもあるかもしれないが。

しばらく視線を楽しんだあと、またプールに入り何周かして、プールの場所から温泉風の施設のある区域に異動した。さきほど来た
通路を戻り、途中で折れる。その間晒された下半身に視線を感じながら歩く。以前のようないたたまれないような緊張感はもう薄れつつ
ある。もっと見て・・という気分だ。ただ、どんなに乳首を刺激したり、股間をさりげなく摩擦しても、一度も勃起しなかった。
よく臀部を晒す系のマニアの人の、自分のいきり立ったものを見せびらかしたというような武勇伝をたまにBBSで見かけるが、すごいなあと感心する。まあ私はイチモツ持ってオラオラっていうS系露出魔ではないので、勃起したモノを見せたいとは思わないのだが、いつかは「現場で射精」を実現させたいと思っているので、最低限勃ってくれなければどうにもならないのだ。今後の課題だ。 

        Part3に続く

hanamizugi2.jpg

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。