FC2ブログ
安心動画サイト比較

安全なエロ動画サイト比較.COM はこちら。無料動画サイトは危険だらけ。ハイクオリティで安全なエロ動画サイトをご案内しています。 http://anzenadult.uh-oh.jp/index.html

プロフィール

panchu3

  • Author:panchu3
  • 主な経歴 オナニー暦34年 女児ぱんつ収集暦25年 彼女いない暦17年 
    主な性癖 人畜無害なロリコン 下着フェチ(女児モノほぼ9割 アンスコ、ブルマー 生理用ショーツなど大人物ほぼ1割 スケスケレオタード

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

フリーエリア

40からのオナニー全記録
45にして独身、人生すべてがオナニーの男が日々の恥ずかしい生活を晒します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐れていたことが
現実味を帯びてきた。
あの尼存が、U-15系メディアを児ぽに抵触する恐れがあるとして
取り扱いを止めるようだ。すでに私がマーケットプレイスに出している
数本は商品画像をクリックしても取り扱っていない旨が表示される。(まだ対応が行き届いていないので買えるやつもあるみたいですね)

[READ MORE...]
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

まだ暑いけど俺の夏は終わった
終わってみればあっけないなあ。
あれだけ楽しみにしていた羞恥プレイ、
今期は7月末から怒涛の6発。天気に多少左右されたが
概ね予定通りにいった。期間中はプレイまで6?7日のオナ禁を課していたので7月末からこっち、4回しかしてない。これからしばらくはちょっとペースが上がるかな?

作りかけのキャラ水着も晒すというモチベーションがなくなった途端に
やる気消失で、形に抜いた状態で放置です。

恐怖の閻魔大王ナガセ法務大臣が、また3人殺した。
私は死刑廃止論者ではないのだが(どちらかの立場に立つほど深く考えたことがない。まあ終身刑がないという現状は、死が個人をこの世から永久に消し去るという前提で考えた場合、刑の重量バランスの極端な悪さを生じさせているとは思う)あの男のドンヨリとした目の奥の、生殺与奪を弄ぶ事に快感を得ているかのごとき薄ら寒い光には、本当に身の毛がよだつ。
バンソウコウは言うに及ばず、知性の低さからくるコントロールの効かない暴言などで自滅する連中などこの際どうでもいいが、目立たず、誰にも知られずに動き、気がつくと後ろに回ってナイフを首につきたて、にやりと笑いながらゆっくりと動脈に筋を入れ、苦悶しながら死んでいく人間を眺めて喜んでいそうなあの男からは、早く権力を奪わねばならないと焦燥感すら感じる。今回の内閣改造がどのくらいの変化になるのか想像もつかないが、これといって失点のない(むしろ法相として
やることをやっている)あの男が留任する可能性はあるんじゃないのか?おぞましい。

一年たらずでトータル10人殺しても表情一つ変えない地獄からの使者を早く権力の座から引きずりおろさにゃあかん!こんなときなんちゃらパパのスキャンダルで足元をすくわれている場合じゃねえぞ、ミンシュ!(だいたいアイツを担ぎ出す感覚は○玉引っ張り出したジミンと変わらないよなあ・・・下手なお笑い見せられている感じ。そのセンスどうにかしてくれ。でも両方票取ってんだよなあ・・・)

コクセイチョウサケンという伝家の宝刀をぶん回して、ジミンの超ド級スキャンダルを白日の下に晒すんだ!器ごとナガセを葬り去ってくれ!



テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

07年第7回セルフ羞恥プレイ
今期の夏シーズンのレギュラープレイは、昨日と明日の2回で一応終わり。最後は5月の屋内プールで使用したピンク地の水着にキャラをプリントしたもの(新作)にするつもりで、1月ほど前に作ってあったのだが、試着の際、プリントの一部に亀裂が入り、ちょっと見てくれがよろしくないので、もう一枚に切れやすい部分のデザインを変えたのを新たにプリントしなおし、明日のプレイに備えようと、朝からその作業をしていた(仕事しろ)午前中に一通りの作業を終えて、化繊布用の転写紙にプリントし、綺麗に周りを切り、いざアイロン!と思って一応間違いのないように、説明書きを読んでみると、新品の布の場合は表面に油分が残っている場合があり、一度洗ったほうがきちんと張り付く云々?と書いてあったので、まあ今日中にできればいいので、一度洗っておくことにした。この暑さなのであっという間に乾くし。

洗濯機を回し、高校野球のチアわきの状況を確認しつつ、やりかけの仕事をちょっと進めていると、天気予報が。

「明日はひさしぶりに30度を割るでしょう」「くもりでしょう」

なに??!今期最後のプレイがちょっと肌寒く感じるというのは、去年夏最後の大失敗プレイを彷彿とさせる。やはりせっかく屋外シーズンなのだ、太陽がないともう一つ気分がでない。しかし、すでに時間は12時を回っている・・・どうする! 

いくしかないっ!!!

最後に予定している場所は片道1時間ちょっとの場所なので、今から行けば1時半くらいまでにはなんとか着くだろう。せっかくデザインを変えたヤツをプリントしようと午前中作業したのに、結局ちょっとやぶれかけたのを使うしかない。しかし、一日待って、曇天の中肌寒いプレイを夏シーズンのラストにするのは怖い。去年の薄ら寒さが蘇る。

すぐに全身に効かない日焼け止めを塗りたくり、出発。こういうときにかぎっていつもスムーズに通っている信号に何度も行く手を阻まれる。あわててはいかん。こういうとき事故が起こるのだ。み○ちゃんぱんつを穿き、手作りのピンクのキャラ水着とかわいいバスタオルが、これまたかわいいビニールのバッグに入っている状況で、中途半端な事故は起こせないのだ。

途中スムーズだったが、現場の手前が渋滞していて、結局着いたのが、1時40分ごろ。駐車場から早足でプールに向かう。昨日より多少ましだが、それでもかなりの熱気。遠くから何分から波を出しますというアナウンスと、2時からプールの一斉点検をやるという旨のアナウンスが・・・入った途端に陸上晒し状態になりそうだ。

こんな時間からも結構な人が入りにくるものだ。しかしさすがにロッカーは閑散としていた。さっさと着替えて、いざプレイ開始。

ロッカーを出ると、プールまでが長い長い・・・いつもなら視線を楽しめるすばらしい瞬間なのだが、今日は違った。プールサイドが遠い上日陰もなく、水の出ている場所がないので地面が尋常でない暑さになっている。いちご水着の時とは比べ物にならない距離なので、もう必死。ピンクのキャラモノのぱんつみたいな水着を穿いたおっさんが、小躍りしながらプールに向かうというすごい状況だ。これをいきなり見せられた人は、何がなんだかよくわからなかったかもネ(途中でけらけら笑う声が聞こえてきたが、私のことかはわからず)

とりあえず水を求めてひたすら小走り。やっとの思いで流水プールにたどり着くと、いつもなら階段のあるところから、ゆっくりと晒しながら
入っていくのだが、もうすぐに足を水につけたかったので、何もないところから半分飛び込んだ。ほっと一息。しかし一周もしないうちに、「一斉点検ですので、あがってください」というアナウンスが。

どうしようもないので、すぐにあがる。いる場所もないので、とりあえずプール際の水のある場所を足を冷やしながら歩く。人々の視線がガンガン突き刺さる。 プールサイドを4分の1周ほどしたところで、階段状になっている流水プールの出入り口があったので、ちょうど監視員の台の下あたりに座って待つことにした。

この点検が異常に長い・・・・・・・一日何度かある念入りなヤツらしく、20分以上座ってまたされた。せっかく無理して来たのに、プールには入れないわ、地上で晒すこともできないわで、イライラする。
休みが終わり、とりあえず目の前の流水へ。

入ると、早速潜水少年が無言で観察していく。時間がいつもと違うが、特に客層の変化はなし。反応ももう一つだ。何周かして、トイレ経由で造波プールへ。ここは遠浅になっているが、奥は結構深くなっている。
波は1時間に一度しか出ず、もうすぐ波が出ますよーと知らせ、いざ波が出る前に長々と注意事項の説明があったりとやたらぎょうぎょうしい
割にはたいした波がでない上、その波もあっという間に終わり、みんな肩透かしを食らって出て行く。昨日のところに比べると監視員など、スタッフの態度はとてもいい。よく教育されている感じだ。

浅い場所で、自分の股間を確認しつつ、ボーっとしていると、小額3?4年くらいの女の子が潜水しながら私の下半身を確認し、顔を見合わせ、なにかブツブツと話し合っていた。

今期はとにかく男児の反応がもう一つなのだが、今日は女の子のいい反応がいただけた。一つは造波プールでゆらゆら揺れていると、後ろから
「ぎゃーっ!! 私なんかすごいものみちゃったかも!」
「え?何々??えーーーーっ!!」
「き○りんれ○・・・・だよあれ」
「うっそーーなんで」
というような小額高くらいの女の子たちの声。
ちょっとうれしかったのは、前回(屋内プールで使用したやつ)は顔のパーツだけき○りんから拝借して、髪とかは別のから取ってモンタージュ的に作ったのだが、今回は顔全体はオリジナルのを(ほぼ)使わせてもらって、チアの格好は別のと挿げ替えたのだが(ウサギモドキは、手持ちの女児ショーツにあった無名のキャラクターを拝借)これだけバッタモン臭くなっているにもかかわらずきら○んだと思われた点だ。
しかし、これは違う見方をすると、ちょっと複雑というか・・・。
私がきら○んのマニアゆえにこういう水着を穿いているという誤解をされた可能性があるのだ。これは本意ではない。私は女児ぱんつの記号の王道たるアニメぱんつ風が好きなわけで、アニメのファンだからやってるわけではないからだ。別にアニメを否定するつもりなど毛頭ないが、私は女児ぱんつ風のものを穿いている「ヘンタイ」と思われたいのであって「綺羅燐好きが高じてこんなことまでしちゃった人」という誤解は悲しいのだ いったい何を語ってるんだ俺は

もう一つの反応は、地上で歩いているとき、メチャメチャかわいい小額3?4くらいの女の子とすれ違いざま。あえてみてもらおうと、目の前まで行ってすれ違ったのだが、私の水着を見た瞬間の「とんでもないものを見てしまった」という驚きの顔がキョーレツにかわいかった。基本Mの私だが、ちょっといじめちゃいたくなるようなかわいい子でした。驚かせてゴメンネ♪

あとは、最後に目を洗う場所とシャワーを浴びる場所が、人だかりができていて、待っている間至近距離で晒しまくりになって、シャワーを浴びていると小額定額年のこらえきれない笑いがうしろからずっとしていたのくらいが、それとわかる反応でした。このとき私の横で3?4つの女の子がすっぽんぽんでシャワーを浴びていて、ひさしぶりに生ω確認。私も水着を脱いでつるつるのおちんんちんを見せながらシャワーを浴びたい衝動を抑えつつ、シャワー待ちの人々の視線を感じつつ、シャワーをしっかり浴びて終了。

ラストのお着替えは、男の子連れのお父さんと私だけ。
早くその場から立ち去りたいという空気が伝わってきて、ちょっと申し訳なかったです。こればかりはタイミングなんでねえ・・・
今日はまあ満足とまではいかないが、いい反応もあったし、50点くらいかな。女の子の直接的な反応と、美少女の驚き顔がそれぞれ10点くらい。あれがなかったら反応のないさびしいプレイになってたかもしれない。まあ、オナニーするときの姿を人前で晒し、最終的にそれをネタの一部にするオナニーの壮大なる前戯部分なわけだから、
最終的にきもちえ?射精さえできれば、100点ってことでもいいんですけどね。でもこれだとオナニー失敗すると0点。

1時45分ごろ開始、終了は4時10分ごろ。帰宅は渋滞に巻き込まれまくりで6時30分近くになってしまった。夜はちょっと予定があり、結局オナニーは寝る前にかますことにした・・・(日付整理のために18日の日記ですが、オナニー自体は19日の午前1時過ぎ)

今日とびきりかわいい女の子にびっくりしてもらった特製キャラ水着をはいてアヘアヘぐりぐり・・・・・
あ??ん、おじちゃんへんたいなのおお! これみんなに見てもらったんだよ??すごおいいいいいひい!!

どぴゅどぴゅっ!


イレギュラーな形で夏のレギュラープレイを終えた。


せっかく印刷したので、とりあえず新しいバージョンのキャラモノ水着は製作することにした。コレを印刷する前にプリンタのカートリッジが調子悪くなり、ちょっと旧いものなのでカートリッジそのものがこの辺の店ではおいておらず、仕方ないのネットで注文したらお盆休みにひっかかり発送が遅く間に合わない。仕方ないので昨日プレイ後に巨大な郊外型PC専門店で購入。ところが・・・もう一度今入っているやつでためし印刷したら、綺麗に出るではないか!とほほ・・
そして、ふと足元を見ると、まだ未開封のカートリッジが落ちていた・・・2個入り買って1個使ってなかった・・・おかげさまでむこう3年分くらいのインクカートリッジが手元にあります。せっせと普段穿き用のフロプリぱんつでも製作しよう。

やはり前々回の白いのといい、今回のといい、キャラ系はインパクトが違う。来年はキャラ系をメインにした手作り水着を増やそうと思います。今から来年の夏が待ち遠しい!!
0708171.jpg 0708172.jpg
もっと女の子に見てもらいたかったなあ・・
0708173.jpg  0708174.jpg
あ???んっ ヘンタイなのオオ!!エッチなおしるでちゃううううう!!!

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

07年度 第6回セルフ羞恥プレイ
無事変態気分も復活し、今日今期6回目羞恥プレイ行ってきました?♪

よりによって、今日行くところは、全国ニュースに出るような強烈な暑さで有名な地域の近隣。覚悟はしているものの、さすがに40度近い暑さの中でのプレイは初めてなので、そっちのほうが心配だ。

11時頃着くように9時半ごろ出発。ちょっと道を間違えて(カーナビを無視したのがいけなかった)ちょっと時間がかかり11時30分ごろ到着。すでにものすごい数の車が駐車場を埋め尽くしている。

結局私はプールから異常に離れた臨時駐車場まで追いやられた。
そして・・・外に一歩出ると。

今までに感じたことのない暑さだ。焼けた空気が全身に覆いかぶさってくる。ジリジリなんて擬音では生ぬるい。プールに行くまでにぶっ倒れそうだ。ふと横のグラウンドを見ると、さささっさささっかーやってます・・・見てるだけで意識を失いそうなので、目をそらし、ひたすら黙々とプールに向かう。

普段ならそれほどでもない距離だが(多分3?400メートル)全身を異常な空気に攻め立てられ朦朧とする。一応例の女児下着ウォーキングプレイの用意はしてきたが、そんな気分は消し飛んだ。

なんとかたどり着き、いつものように券を買いロッカーでお着替え。
人はそこそこいるも、反応なし。今回は赤地に白い小ハートプリントで、後ろにヒラヒラが三段入っている、前々回のと同じ方向性。
前回がかなりいい感じだっただけに、今回はあまり滑りたくなかったのだが・・・

人は多く、流水プールは200メートル級なので、反応がそれなりにあってもよさそうなのだが。。いつものように何度か潜水で見に来る少年がちらほら・・・後はほぼ無反応。しかし、水が異様にぬるい。いつもは入った瞬間に清涼感でほっとできるのだが、あまりの気温に水まで温まっている。

一周した辺りで、けたたましいホイッスルが。いきなり10分休憩だ。
水から追い出され、行くあてもなく、プールサイドを歩く。いつものような視線。しかし、厨房くらいの反応が今日は今ひとつだ。みんなこの気温で変態を相手にする気力も萎えてるのか・・

休憩が終わり、流水数周後、造波プールへ。遠浅で、一番深いところでも大人の腰くらいまでしかなく、波も高くならない、お子様仕様の造波プールだ。波打ち際には若者カップルが結構いる。私の後ろ姿を見てももちろん反応はない。

波が出始めたので、奥のほうまで行って一応波と戯れ、それ以外は特にやることもないので、流れてくる女児の尻を見るとはなしに見たり・・・そこで一人ものすごく私の下半身に興味を持った小額定額年女児が現れる。波のプールなのに、波そっちのけで、潜水しながら、私の下半身を前から後ろから観察しまくっている。行ったと思ったら戻ってきて観察・・・それをしばらく繰り返して、静かに去っていった。

反応らしい反応はそれくらい。毎度の感想だが、みっつよっつの子がふしぎそーに私の水着と顔を交互に見る。
「この組み合わせはおかしいだろ?」 と目が言っている。

波のプールで厨房くらいの女子三人組がビーチボールで遊んでいた。顔は遠くてはっきり確認はできないが、ロングヘアですらっとした子がその中に一人いた。あの子の反応が欲しい! ここまで反応らしい反応がないので、もうここは行くしかない。波が出始めたので、不自然にならないように(すでに十分不自然ですが)彼女たちをかすめてプールの奥のほうに歩いていった。
こっちを向いているので、ゆっくりと目の前を通ってあげた。すると一瞬間があった後、
「うっそ!!えーーー?ぎゃはははははっ」と、三人の大爆笑が。顔は見られないが、かわいい厨房女子に嘲笑してもらえた。
もっと「何あれえ!きもーい」とか、「ヘンタイだよあれ」とか言ってもらいたいが、それは妄想の中でエスカレートさせよう。

11時30分開始、1時30分ごろ終了。帰りのお着替えは人がたくさんいたが、不発。プール自体思ったよりこじんまりしていた。もう少しプール間に距離があると晒しやすいのだが・・また、あまりに暑すぎると、プールの中すら気持ちよくないということがわかった。白いヘンタイが5回もプレイしているうちに小麦色のヘンタイになりかけている。
トータル30点てとこかな・・・

年初から楽しみにしていた夏の集中プレイも、残すところあと一回(まだやるつもりか)最後はキャラモノで締めたいと思っております。

0708161.jpg  0708162.jpg
結構なインパクトだと思うんだけどなー・・もう一つ反応がなかった

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

07年度 第5回羞恥プレイ 
本日今期5回目、通算11回目のセルフ羞恥プレイ決行しましたー!!
(前後編にするのがメンドーなので、長文になりますご了承ください)

予定では2日連戦でしたが、やはり一日あいだにないとキツイなということで前回プレイを木曜日にしたというわけでした。それでも一日明けて週2発はかなりいかれてます。われながらあきれます。

今回は自宅からは100キロ弱、某県最大級のレジャープール。流水プールも400メートルクラスで、おそらく今までで一番規模のでかいところだ。

ちょうどお盆の帰省ラッシュと重なる可能性が高いし、もともと高速嫌いの私、一般道をトロトロ行くことにした。片道3時間覚悟だ。
11時頃到着予定で、8時ちょうどに自宅を出る。こんなことのために6時半に起床してるんですから、かなりいかれてます。われながらあきれます。

初めは順調に流れていたが、30分くらいで突然混み始める。北上する田舎道(といっても国道)が急に動かなくなった。一般道も混むのか?これが延々と続いたら11時どころか、昼までに間に合うかどうか・・・不安がよぎり始めた頃、流れが悪くなってから20分くらいで、突然す?・・・と前の車がいなくなる。一応それなに大きな交差点を越えたが
そっちに車の大半が行った様子もないのだが・・渋滞ってのは不思議です。そこからはもうほとんどすいた高速。信号もまばらで、まるでスピードを出せと言いたげです。ここから現地までずっとこんな調子だったので、なんと予定より45分も早く到着してしまった。現地に10時15分ごろ着。すでにかなりの車が止まっている。規模が大きい上にお盆だ。ものすごい人だろう。期待が高まる・・・駐車場から入り口までの間に
中の様子が見える・・でかい。そして立体的だ。山を削って作ってあるらしく、流水プールはずいぶんと下の方に見える。そして、やはりものすごい人だ。

券を買い中に入ると、左に行くと場内、右が更衣室で、そのへんからもう人だらけ。これからみなさんにとんでもない変態野郎がいかれたもの披露しますので、よろしく・・・てな感じで更衣室へ。

今日は混んでいる・・これならお着替えもいけるか? すぐ横には厨房くらいのグループだ。まず彼らに反応してもらおう。ぱんつ、毛なしちんこ、そして水着・・・空気が凍っている。「やべえ・・・」的な囁きが聞こえる。はっきりとした反応ではないが、ありゃーなんじゃこいつ・・という空気の変化が楽しい。ひさしぶりにお着替えで反応があった。幸先がいいぞ・・
さあ、今期私が最も楽しみにしていたプレイ開始だっ!

外に出ると、左に行くと造波、右の階段を下りていくと流水となっている。初めは構造がわからないので、とりあえず下のほうにある流水をめざし、階段を降りていく。 

視線、視線 視線・・・   すれ違う人の一瞬の反応がはっきり分かる。白地に女の子のキャラの入った水着なんて女児モノにすら存在しない。それは王道女児ぱんつの記号そのものだ。その違和感たるや、相当なもんだろう。自分でその瞬間の自分を見られないのが残念だ。

結構な段数を下りて、やっと流水プールだ。いつものようにまず数周。大規模プールの難点は、一度気がついてもらっても、なかなか同じ人にめぐり合えず反応がもらいにくい点だ。最近は反応薄なので、半ばあきらめて今この場所にこんな格好でいるという喜びに浸るのを最優先にして、ゆっくり流れていた。

そこに厨房らしきグループの爆笑が・・そして

「やっべ!ほんとのぱんつじゃね?」「ぎゃははは」

あー・・・すばらしい。なんてすばらしいんだ君らは。この日のために布から調達し、何度も失敗し、やっとの思いで作り上げた女児ぱんつ風手作り水着。しかしやはりシロートの荒い作りは否めない。無反応だったらこれ以上悲しいことはない・・・そんな気分を吹き飛ばしてくれる、最高の一言だった。・・・思わずありがとうと心の中で叫んだ。

いつもどおり数周して、造波プールに向かう。さきほど下りてきたのとは別のを昇る。すれ違う女の子がギョッとする様子が面白い。造波プールは結構な頻度(15分間隔くらい)で波を出してくれるが(今まででひどいところになると2時間にいっぺんとかそんなのもあった)それほど大きい波ではなかったが、子供たちはそれなりに楽しそうだ。次の波が来るまで水際で座って待つ。腹の肉のせいで座り方によって水着がクルクルと丸まって、そのたびに戻さねばならず厄介だった。

流水と造波の間を合計で4往復した。その間、何度かトイレに行って鏡に自分の姿をうつし、今やっている事を再確認する。白い布はもっとスケスケになるかと思ったが、それほどでもなかった。以前屋内プールで使用したピンクの水着は臀部がくっきりと浮き上がりかなりのスケスケ感でそれに気づいた後のプレイはもう一つ楽しみきれなかったが、今回は大丈夫そうだ。前日の夜に透けたことで監視員に何か言われた時の言い訳などを考えていたが、全くの杞憂に終わりそうだ。そもそも臀部が出ている水着を着用する人間もいるわけだから(今日はいなかったが)それが透けていたところで気にすることもなかったのだが、やはり変態行為をしているという負い目も多少あるので、どうしてもビクビクしてしまう。

主な反応としては 
攻防くらいのグループの前を歩いて階段を上っているとあからさまに嘲笑を浴びせてきた

流水で消防が「あ!いたいた!○○クン、ほら、近寄って見てみなよ」

潜水で近寄ってきて前と後ろを何度も何度も確認する小太りの小額男児

「ヘンタイだよ やべえよ・・・」厨房集団が後方で爆笑しながら呟いていた

造波で波待機中、幼女が潜水で私の股間めがけて何度か確認に来た。

小額定額年の女児が本人はさりげないつもりなのだが、あからさまに流し目で私の股間を凝視し、行ったと思ったらまた戻って流し目で凝視 
        
たぶん3つくらいだと思うが、男の子が電池の切れたおもちゃのようにそばに立ってジーっと股間を凝視していた。

子供の反応、特に未就学児の反応が格別におもしろい。あのくらいの年齢の頃の記憶は自分にはない(私の場合遡れるのは5歳くらいまでだ)のであの子たちが自分の股間の女の子の絵を見て、何を考えているのかとても興味がある。

後は女の子の反応が見たかったので歩いている時にさりげなく女の子とすれちがうように動いた。だいたい前を見てギョッとしすれ違いざまに尻を確認するという感じ。一瞬見て行きかけ、え?という感じで見直すなんてのもあった。結構美少女がいて、見てもらいたかったんだが、あからさまに見せに行くわけにもいかず、うまくいかなかった。


今回はプールが立体的に配置されていて、上り下りでの地上晒しの時間が結構多かったので、無意味にプールを流れる時間を少なくした割には
10時30頃開始、1時50分終了、3時間20分という最長記録になった。まあ直接的な反応は少なかったが、思う存分晒しまくったし(休日の巨大レジャープール、おそらく千人単位の人間がいる中で、たった一人の変態というシチュエーションは最高だ)それなりに満足いくプレイになった。入場料(駐車場込み)2000円弱、ガス代、時間など諸々勘案して、65点くらいはあげてもいいかな。とにかく、「ほんとのぱんつじゃね?」というコメントをいただけただけで、今回は満足だ。

お着替えプレイはなかなかうまくいかない。すべてが偶然に左右されるから仕方のないことだが、今回は私が着替え始めたらすぐ両サイドの
ロッカーの人が着替え始め、ものすごい密度でお着替えプレイを強いられることとなった。片方は親子連れで反応なし(チラチラ見てたとは思うが)もう片方は高校生くらいのグループで、妙に大人びていて、こちらが気になりつつも無反応を貫いていた。「やべえ」とか、クスクス笑いとか反応してもらうほうがありがたいんだけどねえ・・。つうわけで、いつもとは全く正反対の状況にもかかわらず、後半のお着替えプレイは不発に終わる。
 
2時8分現地出発、家についたのが、4時ちょっと前だったので、帰りは2時間かかっていない。超高速一般道のおかげだ(※次の日、なんとこの
道で玉突き死亡事故があった模様・・・スピードの出しすぎはいけません・・・・)

余韻を楽しみながら、さっきまで晒しまくり、嘲笑を浴び、夏のプールに違和感を与えまくっていたぱんつ風水着をはいて、
「ああん・・・さっきまでこれみんなにみてもらったんだよ? 今から中に出しちゃまあす!!ヘンタイどっぴゅんしまあす!!」
などと呻きながら、どぴゅどぴゅっ!!!

今期最も楽しみにしていたプレイが終わった・・夏が過ぎ去った気分だ。まだ予定はしているが、何か燃え尽きた感がある(さっき出しちゃったからそういう気分なんだけど)場合によってはここで打ち止めかな・・・と今の段階では思ってますがまあまたヘンタイパワーがチャージされてくれば行きたくなるんでしょう。
われながらあきれます。

0708111.jpg 0708112.jpg
初めはオレンジのリボンがついていたがまたもや流された・・・布の質感まではさすがに再現できないが、白地に女の子の絵はかなりぱんつ
0708113.jpg 0708114.jpg
先ほどまでの状況を思い出しながら、ぐりぐりあへあへ・・・どぴゅ???っ!!  最高でした

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

07年 第4回セルフ羞恥プレイ

本日今年度4回目、通算11回目羞恥プレイ行って来ましたつうか、もう毎週のように行ってます... 実は今回のプレイは先週の日曜の予定でしたが(土日れんちゃんを予定いていた)気象、気分、その他諸々事情の変化で、月耀に変更後、さらに金曜に変更後、最終的に木曜ということになりました。毎度基本内容は変わらないので今回は箇条書きにしようかと思ったが、日記なのでやはりきっきり書くことにした。

太平洋高気圧が元気になってきたので、朝からはんぱじゃない暑さ。これなら平日でも結構な人がいるだろう。期待に前をふくらませつつ9時45分ごろ出発。次回が遠いので、今回は近場にした。某運動公園内のレジャープール。流水プールは200メートル級で小さいが、造波プールもある(小さな波がずっと出ているタイプ)

電車だとべらボーに遠く感じる場所なのだが(途中の乗り換えやらなんやらで普段電車に乗らない人間には結構つらい)実際は電車で行っても45分くらい。車で途中渋滞等ありつつ、1時間ちょっと。11時少し前に現地到着。今回は前回触れた、出口から駐車場まで上下女児肌着だけで歩くプレイをできるか一応準備していった。ぴっ○のぱんつを穿き、帰りに現場で着られるように、上はもって行く。距離も200メートルほどだし、うまくいけばできるかもしれない。

駐車場はそれなりに埋まっている。平日の午前中だが、プールに向かう道にはちらほらと親子連れが。入り口に至る道がプールの外側と接していて中の様子が伺える。造波プールが見える・・・
人すくな!と思ったら、ちょうど休憩の時間だった。
ホイッスルと、監視員の大きな声が響きまくっている。ここの監視員はかなりうるさそうだ。まあ妙な格好だが陰部はかくしてるわけだし、何も問題はないと思うが・・・

お着替えプレイはまたしても不発。タイミングの問題だとは思うが...オッサンが一人チン子を隠し隠し着替えている。私も昔フツーにプールに来たときは、着替える時にフルチンになることにかなり抵抗感を感じていた気がするが、今や見てほしくてすっぽんぽんで立って待ってるんだから、わけわからんですなー。

つうわけでそそくさと水着着用。今回は黄色地にピンクのリボン、おしりにかわいいフリフリのついたまさに女の子水着。女児下着風ではないが、こういう完全に女モノはいてますとあからさまに主張する水着もやってみたかった。小さいので、ちょっと引っ張りあげると、ちんこのわきの肉がはみ出す。いつも穿いて出るときに食い込ませているつもりで
思い切りが悪いので、今回はこれでもかと引っ張り上げ、ぐい??んと食い込ませて、いざプレイ開始。

ちょうど10分の休憩が終わったところだったので、早速流水から。
もう見られることには何の抵抗もなくなってしまった。むしろ気がついてもらえずに無意味に流水をグルグルする空しさを避けたいので、入る前にもう少しプールサイドを歩きたいのだが、目の前にプールがあるのに周りを歩いてるのも不自然なので、すぐに入る。

平日だが、それなりに人がいる。親子も多い。前回よりは、小額、厨房同士で来ているグループ率も高そうだ。

が・・・   反応らしい反応が今回もない。
何周かした時に、水中眼鏡をかけた女の子が近寄って来て、確認して去っていった。それから厨房くらいの声で、私が近づいた時に「変態注意報!」と叫んだような気がした。だが、それが私に向けられたものだったのか、本当にそういう言葉だったのか今ひとつはっきりしない。もっと近くで侮蔑をこめて言ってくれればわかりやすいんだが・・・
あとは、「やばい」 「わけわからねえ」 という声が聞こえた。なんか反応って似たようなのが多いなあ。まあ素直な気分なんだろう。

流水→波→流水→10分上陸→流水→波 終了(約2時間)

その間、3度ほどトイレに行く。鏡で食い込みを確認。さらに食い込ませていく。二度目の波のプールで、浅いところで座っていると、定額年女児が二人で現れ、私の前で潜って「ね!ね!」と顔を見合わせてクスクス笑っていた。二人とも色つきのゴーグルをつけていて顔が確認できなかったのが残念・・・

地上で晒している時、時々背後で爆笑あるも、自分への反応かどうかはわからなかった。何度目かの移動の際、「ほらな!いただろ?な!」的な会話が背後であったが、これも自分のことかは確認できず・・。状況を考えると「俺は変な奴を見た」と友人に言ったが信じてもらえず、私を発見して「ほら!」と言っている感じはした。

 平日なら友達同士の小額男児率がもっと上がると思ったが、予想以上に親子連れが多かった。思ったよりは混雑していたが、流水プールではそれなりの距離感もあった。

そして、今期は男児の反応が本当に薄いのが残念。もっとわかりやすく反応してほしいなあ。子供なんだから、もっと素直に反応してくれよお!!

思った以上に近くて往復の苦労が小さかったこと、入場料が450円と安く(しかし駐車場代が700円なので実質1150円)2時間それなりに晒せて、女児二人からかわいい反応がいただけたことなど、トータル50点くらいでしょうか。

今回は女児モノというよりは、フリフリがついていて、いかにも女の子?というデザインのを始めて屋外で試した。どちらかといえば、女児ショーツのようなもっさりとしたシルエットのほうが好きだが、こういうのをチン子のわきの肉がはみ出るほどグイ?と食い込ませて穿くというのもなかなか楽しい。

さあて、来週のサザエさんは? じゃなくて、次回の羞恥プレイは、
今年度のメダマ、女児ぱんつのシルエットにかぎりなく似せて作った(つもりの)オリジナル水着での参戦だ。かなり透けるので、そういう意味でも緊張しそうだ。できれば売店で何か買って食ってみたいが、どうなるやら・・(胃痛になりそう)
0708091.jpg 0708092.jpg
今回の場所のトイレに鏡がなかったので現場でおしりのフリフリを見られなかったのが残念

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

40までのオナニー全記録の
リンクが以前のサイトのままでリンク切れしていたのに全く気づいておりませんでした。過去の思い出も今の居住地に来る前(1995年末まで)で止まっております。
ブルマーウォーキング、スーパー銭湯での女児下着見せなどをやっていた頃の部屋は1階で押入れのカビ発生がひどく、気づかずに保管してあった女児下着がカビだらけになり、すべてを洗って干して、プラスティック製のカゴに移し変えて、部屋の風通しのいい場所に移動しました。その作業に3ヶ月くらいはかかったかな・・・。当時はまだとにかく増やすことに意義を感じていて、今見るとイマイチなデザインでも片っ端から買ってましたね。その後、その場所の最終年から、今の場所の1年目辺りにかけて、スカ吐露に軽くはまりました。それまでぱんつにおしっこおもらしを楽しんでいたのですが、だんだん物足りなくなり出し、その先にスカがあったわけです。かなりのところまでエスカレートしましたが、ある日を境に、そんな気分がなぜかピタリと止まってしまったのです。まあ準備とか処理とか、色々面倒なこともありますが、どれだけ変態気分になっても「やろう」と思わなくなってしまったのです。今だにこのまるで、ろうそくの火を吹き消したかのような突然の気分の消失は謎のままです。オナニー行為そのものは未だに続けているわけですし、根本的なネタは20年くらいは変わっていないわけなので、その方向だけパタッと消え去るということの説明がつかないわけです(妄想の中ではかわいい女の子にかけてもらう・・・というのはありますけどね)

今はまりにはまっているセルフ羞恥プレイも、一応来年いっぱいくらいはと思っていますが、突然パッタリとやる気が失せてしまうかもしれないなあ・・・・

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

第3回(通算10回) セルフ羞恥プレイ
本日、今期3回目、通産10回目のセルフ羞恥プレイしてまいりました。

台風のせいで湿った空気が入ってきたとやらで、強い風と曇りが気になったが昼間の温度は30度を超えるというので、やることにした。場所はおととし、この羞恥プレイを初めて行った、某県の某自然公園内のプール。あの時は平日で人が少なかったにもかかわらず、もう心臓バクバク、頭に血が上り、プールに入ってしばらくすると胃がキリキリして大変だった。もうあれから2年と1日も経っているのか・・・通算10度目である今回は、前回のようなクラクラ感はなくなっている。

今回は土曜ということで、かなりの人手が予想される。

前回同様、午前中、かなり暑くなったころつくように、午前9時出発。車で1時間半程度。今日はどんな反応がいただけるか楽しみだ。途中で眠くなって困った。寝不足ではあるが、羞恥プレイの時は緊張で行きに眠くなるなんてことは今まではなかったのだが。慣れた証拠かな。

現場につくと、入り口には車の列が。予想どおりの混みようだ。駐車し(代金400円)、券を買い(1100円・・ここは公営じゃないのでちょと高い)すぐにロッカールームへ・・・といきたいところだったが、朝から腹の調子が最悪、トイレに直行。とりあえず出すもの出して、いざお着替えプレイ。しかし、今回も空振り。もう半分あきらめているので、サクサク着替えて、さあ、プレイ開始。

ここはロッカーから出ると、どのプールに行くにも非常に広いスペースを通ってかなり歩かなければならない構造になっているので、いきなり地上晒し状態になる。前回は平日だったのでほとんど近くに人がいない状況だったが、今回はいきなり歩く人々の視線が刺さる。初めはいつものように流れるプールにしようと歩いていると、なんといきなり10分の休憩タイム。プールサイドまでいったが、中に入れない。プールサイド近くにまでパラソルが設置されていて、そこに陣取った人々の好奇の目に晒されながら、しかたがないので、造波プールのところまで歩いていくことにした。せっかくだから晒しまくる。直接顔は見られないが、いつものように視線が下のほうに行くのがわかる。

しばらく造波プールの水際で座っていた。いきなりデバナをくじかれた感じだ。10分経ってアナウンスがあったので、もう一度流水プールまで歩く。さきほどとは違う経路で戻って、地上晒し。必要以上に食い込ませたお花模様の水着(リボン付)を穿いてプールを歩くオッサン。この異様な光景によって、みなさんの心が侮蔑と憐憫の情で満たされるのを祈りつつ、流水プールまでの長い道をゆっくりと進む。しかし・・・期待のうちに始まった今回のプレイが楽しかったのは
このへんまでだった。

流水プールに入り、流れ始める。 

全く反応がない。

やはり、前回懸念していたことが、ここでははっきりと現れてしまった。とにかく親子連れが多いのだ。友達同士は数えるほどだ。一度プールに入ってしまうとそんなに目立たないし、入る前に「何だアイツ」とおもしろがって追いかけてくるような小学生も今回はまったくおらず、ただ空しく流れ続けるだけだった。

流水→造波 を2度繰り返したが、反応らしい反応は、流水で一人の女の子が何度か潜って確認し、私の顔を色付の水中眼鏡越しに確認して去って行ったというのと、歩いているときに後ろから若い女性の爆笑が聞こえてきたくらい。その爆笑も確実に私のハナガラの尻が取っていたかどうかはさだかでない。

去年の夏の終わりに人の非常に少ないプールでとても寂しいプレイをしたが、これだけ人がいるのに何の反応もいただけないというのは、それに輪をかけて寂しいものだということがわかった。去年の失敗プレイは「俺何やってんだ感」だったが、今回は「お前、寒いねと言われている感」だ。誰もお前なんて気にしてねえよ。まあ、好きにすりゃいいけどさ・・・みたいな、どこかドライな空気(と、私が勝手に感じている)まるで私などそこに存在していないかのように完全に黙殺されている感じだ。これは思った以上に寂しい。人が多いだけに、より妙な孤独感に苛まれる。

つうわけで・・1時間30分ほどで、撤収。
今回はプール利用料、駐車場代、高騰しているガソリン代など、費用対効果を考えるとせいぜい30点。晒すという行為そのものに意味があると考えないと、萎えてしまうね。

土日のリスクを今回は味わってしまった。やはり平日に予定を変更すべきかもしれない。今期と来期いっぱいで、とりあえずこの羞恥プレイは終了する予定で、今期はそれなりの回数をこなすつもりで予定を組んでいるのだが、休日を避ける方向で予定を組みなおす必要がありそうだ。



0708041.jpg 0708042.jpg
今回使用したのはガッツリお花柄。前のリボンは実はもっと赤いのが
付いていたが、造波プールで取れちゃったので、家に戻ってから余ってたのをつけました。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

ちと早すぎる
きゅーとのちっこいのと久須美なんちゃらの新ユニットのCM見たが・・・・


あれ    あ れ   ?

これはもしや  早くも・・・ 
 
彼女の美少女ぶりはキッズができた時から抜きん出ていたし(個人的には
り○こと双璧だったが、いまやり○こは・・・)
ついこの前まではこの子に限っては大人になるまで崩れることはまずありえないと思って
いたのだが・・・・   これはかなり意外な展開でした。

べ○ーずなんとかもすっかり雰囲気が変わってしまって
(も○こちゃんは比較的変化してない気がする)
まあ入れ込むわけでもなくどちらも横目でチラチラ見てるだけなのでそんなにがっかりでもないが、やっぱりどうせなら輝きを失わないまま大きくなってもらいたいものです。

ぐっちの金カンのCMで右のほうで踊りまくっているのはハチ峰ちゃん(あんなのほう)だな?今日気づいた。彼女も伸び悩んでるというべきか、生き残っているというべきか・・・
優等生的凸と、男好きする容姿がいいバランスで、人気ドラマにでも出れば結構ブレイクしそうな気がするんだが。まあ演技力はわからんけど。

先週のプレイの名残の肩から首にかけてのヒリヒリがようやくかゆみ程度にまで引いてきた。普段陽に当たらない人間がいきなり直射を2時間以上浴びているのだから皮膚もたまったものじゃないだろう。たっぷりとかなり強めの日やけ止めを塗っていったつもりだったが、やはり一人で塗ると塗り残し部分が出てしまう。次は少し多めにしよう。

完成しているキャラモノを何度か試着しているうちに、プリントの飛び出た部分(ウサギの耳)が外に引っ張られて切れ切れになってしまっている。穿いた状態で見てみるとそこがちょっと目立って見栄えが悪い・・まだプリントしてない無地が一枚あるので、デザインをちょっと変更してプリントしようか思案中です。
c-airi4158.jpg
ん?????  ・・・・んん

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト


カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。